個人融資サイトはやめてブラックでも借りれる即日融資に相談しませんか?

2020年2月21日

個人融資のサイトはやめて
ブラックOKの即日融資に相談しませんか?

個人融資、つまり消費者金融ではなく一般個人で融資をしているという人からお金を借りようとしている方も多いようですね。

個人融資サイトやツイッター、LINEのアカウントもよく見かけるのでそれだけ需要があるということなのでしょう。

なぜなら個人融資であれば 確実にブラックでも借りれる からです。

 

ブラックでも確実に借りれる個人融資について

個人融資とは

個人融資または個人間融資と呼ばれる、ブラックでもお金を借りれると言われている方法の1つです。

 個人融資でお金を借りるために最も一般的な環境はネット上 です。インターネット上で知り合った人から融資を受けるというものになります。

例えば個人融資掲示板サイトやツイッターなどに投稿し、相手を見つけたら直接ダイレクトメールを送ったりして、個別に連絡を取り合います。互いに条件が合致すれば、それぞれ指定の方法で融資と返済をすることになります。

 

個人融資でお金を借りるのはどんな人?

個人融資または個人間融資と呼ばれる方法でお金を借りようとする人とは、主に 消費者金融では借りれない人 です。

消費者金融でお金を借りれない理由としてはいくつか挙げられます。

✅ブラックである

✅債務整理中もしくはしたばかり

✅総量規制オーバー

✅無職・収入がない

✅未成年である

などです。

以上のことが当てはまる人は消費者金融での即日融資はとても難しいでしょう。

 

しかし、そのような人でも今すぐお金を借りて解決しなければならない問題はやってくるもの。

上記のようなマイナス点があっても即日融資を受けられる可能性があるのが個人融資です。

 ブラックでも借りれる消費者金融 は少ないですが探せば見つかります。

しかしその他の条件、特に無職、生活保護、未成年の人でも即日融資を受けられるところというのは皆無です。ありません。

 

そのため個人融資でお金を借りようとする人の大半が無職、生活保護、未成年の人たちです。

 

個人融資でお金を貸すのは
どんな人?

個人融資ではお金を借りたい人だけではなく、お金を貸す側も個人とされています。ここでの個人とは消費者金融などの会社・業者ではないという意味です。

業者ではない金貸しをしている一般個人、となっています。

例えば投資目的の人。

個人融資はソーシャルレンディングとも呼ばれ、ネットワーク上でお金を借りたい人(borrower)とお金を貸したい人(lender)を結びつける仲介サービスのようなものです。

類似のサービスに投資型クラウドファンディング(自分が実現したい目的や事業を公表し、それに協賛して資金を出してくれる人を募り、事業資金などを捻出する方法。小口で出資も歓迎されるため投資家だけでなく個人でも気軽に投資ができる。)があります。

個人融資で言えば、 「少額のお金を個人に貸して利息で増やして戻ってくる」という"投資感覚"でやっている人 も少なからずいます。

 

 

もちろんこの人が本当に投資目的で投稿しているかの真意が分かりません。

なぜなら個人融資サイトでは実際には個人ではなく、"個人のふりをした業者"がほとんどであると言われているからです。

その“個人のふりをした業者"というのは闇金業者です。

闇金業者というのはブラックはもちろん、無職や生活保護、未成年でも即日融資をすることがあります。今は無職で収入がなくても働かせれば良いし、未成年であれば親などから回収しても良いでしょう。そのような業者にとってはお金を貸してしまえばあとはどうにでもなるのです。お金をかしてしまえば暴利を設定し、元金を減らさせずに利息だけを回収して利益を得るなどします。

また 個人融資でお金を貸すフリをしている人も多く存在 します。

例えば、お金を貸す相手は"女性だけ"としてわいせつ目的の人、先振込みやギフト券などを目的とした詐欺グループ、情報だけを抜き取る人、別の目的のためにメールアドレスなどを収集している人など様々です。

個人融資サイトは綺麗に作られていますが、あくまでもネット掲示板です。2ちゃんねるなど変わりません。このことは覚えておかなければならない重要なことでしょう。

 

ブラックでも確実に借りれると
噂の理由

個人融資または個人間融資ではブラックでも確実に借りれると言われています。

なぜなら個人融資という世界では ブラックであることはあまり大きな問題ではない からです。

 

ブラックである人というのは、最近まで、もしくは現在も消費者金融でお金を借りることができていた人ということになります。遅延や延滞を繰り返したことによって"ブラック"という信用情報における評価を受けたわけですが、そのような場合まだ返済が残っている状況であるため現在も仕事をしているもしくは続けざるを得ない人というのが大半です。

仕事をしていれば返済能力がある、と判断できるため個人融資ではプラスになります。また"職場がある"というのは少なからず取引の材料となります。例えば個人融資での返済を滞らせた場合、「職場にバラす」などとプレッシャーをかけることができます。消費者金融では法規制がありますから絶対にそんなことはできませんが、個人融資ではこれがありえます。

基本的に消費者金融で借りれない人がやってくるのが個人融資、と理解されているため個人融資という世界においてブラック、ブラック以下であることは当然とされます。

 個人融資という無職、生活保護、未成年の人が多く出入りしている中では、たとえブラックでも収入がある人というのは好条件と評価される のです。

 

そのため個人融資ではブラックでも確実に借りれる、と言われています。

個人融資ではブラックでも確実に借りれると言われていますが、多くのリスクを伴います。

 

▼個人融資で起こっているトラブルなどの紹介記事はこちら

 

ブラックでも借りれるのは個人融資だけなのか?

銀行カードローンは
低金利で借りやすいって本当?

個人向け融資の銀行カードローン。

銀行カードローンでお金を借りるメリットと言えば、総量規制の対象外であったことでしょう。

総量規制とは06年に完全施行された改正貸金業法の1つで年収の3分の1以上は借入ができないように制限するものです。年収は返済能力を測る大きな基準。大きな額の借入ができてしまうと返済が滞り、結果的に多重債務化する可能性が高くなってしまいます。

それを解消するため消費者金融では総量規制という制限を導入することになりました。しかし、この 総量規制は銀行カードローンは対象外 でした。

そのため自己破産者がどんどん減るべきところ、銀行カードローンではまだ借入ができることから元も子もない状態だったと言えます。実際に2016年には総量規制導入から減少傾向にあった個人の自己破産申請が13年ぶりに増加したことが統計結果として明らかとなりました。

この背景には「無担保で個人向け融資をする銀行カードローン事業の拡大にある」という声は大きくなり、17年頃からは銀行カードローンにも総量規制導入の動きが活発になってきました。以前からCMなど広告自粛の動きもありました。

「低金利な上、比較的借りやすい」とされていた銀行カードローンでもついに他社で借入残が多い人への融資は難しくなったのです。

すでに総量規制枠いっぱいへの借入やブラックの人は銀行での借入は困難でしょう。

 

大手消費者金融では借りれる?

大手消費者金融では銀行傘下のところも多く、テレビCMなどの広告も出せるほどなので集客力は抜群です。日本に住む人の 20人に1人が消費者金融で借入をしている という金融庁 貸金業者関係統計資料のデータであるとのこと。

昔よりもキャッシングをすることが容易になり、キャッシングに対する意識や抵抗感も変化しました。「借金があるんだよね」と言えば大袈裟ですが、「時々キャッシング利用しているんだよね」と言われても「ああ、そうなんだ~」という感覚になるくらいには、生活や支払いが厳しいときに借入を利用することは私たちの生活に馴染みのあることになっています。

また大手消費者金融には電話での相談や女性専用の窓口、カスタマーセンター、店舗や無人契約機など人員や設備で顧客対応ができる力もあります。特に初めて借入をする人などにとって"安心感"を抱くことができるのは重要なことでしょう。

そう考えてみると、大手消費者金融には初めて借入をするような人=他社借入残もなければ金融事故歴もないという人がより多く申込みをしてくることになります。

そんな中ですでにブラックの人が申込みをして審査に通るのでしょうか?

大手消費者金融ではスアリングという個人の信用情報などを点数化して初期段階でふるいにかける審査方式を行っています。もちろんブラックである場合、信用情報にその記録が残っているため低い評価となります。

キャッシング初心者のきれいな信用情報をもつ人が日本全国から大勢の人が申込みをしている中では、ブラックの人には厳しい戦いとなるわけです。 大手消費者金融としても信用力が低い人にわざわざ即日融資する必要もない のです。

 

よって、やはり大手消費者金融ではブラックの人の借入は困難となるでしょう。

 

 

中小消費者金融なら
ブラックでも借りれる?

消費者金融、というとアコムやアイフルなど知名度が高いところがすぐに思い浮かびます。

なぜ知名度が高いのかと言えば、有名人を起用してのテレビCMで何度も見たことがあるからでしょう。それも何年間も。登場する人物が変わっても、コンセプトカラーやテーマソングのようなものは覚えてしまうほどです。

このような消費者金融はいわゆる"大手消費者金融"と呼ばれています。テレビCMができる規模のため集客力も高いです。そのため少なからず回収不能リスクのあるブラックの人にもお金を貸す必要性がありません。ブラックの人には審査落ちとなりやすいレベルの消費者金融と言っても良いでしょう。

 

アコムやアイフルは都銀傘下や東証一部上場という規模の消費者金融です。

それと比較して"中小消費者金融"と呼ばれる消費者金融もあります。例えばライフティやセントラルなどです。最短で即日融資も可能、300~500万円の限度額が設定されています。店舗がある、キャッシングカードがある、女性専用ダイヤルがあるなど、中小消費者金融の中でも規模は大きめです。

ですが、中小消費者金融ではほとんどがWEBのみの運営となります。以前は店舗での営業をしていたような消費者金融も時代の流れで変化していきました。店舗ということはスタッフの人との対面審査があります。過去の借入の失敗により信用度が低いブラックの人でも、対面審査で人柄なども考慮され即日融資を受けることもできていました。

しかし現在は中小消費者金融でもWEB受付での即日融資を行うため、審査は大手のようにスコアリング方式を導入してきています。 借入状況や信用度を点数化して基準に満たない人はすぐに審査落ち してしまいます。中小消費者金融であってもブラックの人には即日融資が難しいところが増えてきているのです。

ブラックの人が即日融資を受けるには、審査基準点が低めに設定されている消費者金融を探すことになります。

 

同時に上記のような審査がないのが個人融資です。

確かに 個人融資の場合、消費者金融のような審査はない でしょう。

しかし同じような審査はできない、と表現することもできます。

現在の借入状況や過去の失敗の詳細を知ることもできない初めて会う他人に本当に審査なしでお金を貸すでしょうか

 

 

個人融資のサイトはやめて
ブラックでも借りれる即日融資に相談しませんか?

個人融資サイトでの即日融資に
反対する理由

前述でもいくつか例に挙げましたが、個人融資サイト、個人融資ツイッターなどでお金を借りることには大きなリスクが伴います。

お金を借りれればまだ良い方であり、即日融資を受けるどころか逆にお金を騙し取られたり、個人情報を無断で悪用されてしまうケースも多発しています。

個人融資でのトラブルは知恵袋や弁護士への匿名相談サイトなどでも頻繁に投稿されていることから、 いまだに個人融資の危険さを知らずに利用しようとする人も多い ことが分かります。

情報抜きや先振込み詐欺の被害に遭った人の相談内容が1番多いようですね。

また「借りれそうだ」という相談の中には利息が月10~50%と言われたいう人がいます。個人融資で本当に月10%で即日融資を受けられるならばかなりの好条件だと思います。個人融資サイトの口コミなどを検索してみると月50~60%と言われる場合が最も多いようですから。

 

個人融資サイトそのものが情報抜きである可能性もあります。

この個人融資サイトでは、本来の個人間融資であるべき機能の個人同士がメールを送りあうことはできず、結局は個人融資サイト側からメールが届くようになっていました。

投稿されたメールアドレスにURLを貼って送信して、そこからお金を借りさせることでサイト側に利益が得られるようになっているのではないかと思われます。または送られてくるのは即日融資のURLだけではなく、バイトの斡旋やさらなる個人情報の抜き出しが目的とされたものもあります。

実際に個人融資サイトに投稿してみたところ、このようなメールが1日に何十件と届くようになりました。簡単に迷惑メール設定で受信拒否ができますが、全て違うメールアドレスから送られてくるためすぐに受信拒否をしてもそのあとのメールもすべて届きます。受信拒否の設定登録をやってもやっても追い付かないほどです。

結局、「キリがない」と諦めたのはこちらでした。

 

個人融資サイトで即日融資を利用することに反対するのは、大きなリスクがあることはもちろん、時間の無駄となることが多いからです。

本当に安全に借りれる人を個人融資サイトから探していたら、時間も労力もかかって即日融資どころではありません。

 時間をかけてそのリスクを負う個人融資サイトでの即日融資はおすすめできません

 

ブラックの人にもおすすめの
即日融資はココ

ブラックでも消費者金融では絶対に借りれないというわけではありません。

比較的審査に融通が利き、審査基準点が低めに設定されている小規模の消費者金融であれば、 ブラックの方や審査に自信がない方でも即日融資のチャンス は十分にあります。小規模の消費者金融とは融資上限額が低いところのことです。

個人融資サイトで安全に借りれる機会をずっと待つよりも、最短10分で振込み融資が可能な即日融資を試してみて下さい。特にブラックの方には他にはないおすすめの消費者金融です。

詳細は公式サイトからご覧になれます ↓ ↓

✅インターネット申込みで24時間受付
✅簡単入力60秒で完了
✅振込みなので日本全国対応
✅審査通過率に定評口コミ多数

審査に自信がない方もご相談下さい!