審査が不安な人のための振込みキャッシング

2018年6月28日

審査が不安な人のための振込みキャッシング

 

個人間融資を検討している方は、すでにどこかのキャッシング申込みをして審査落ちしてしまっている状況なのではないでしょうか?

[speech_bubble type="ln" subtype="L2″ icon="1.jpg" name="派遣社員/男性"] また審査落ちしてしまった…他社への借入が影響してるのかな? [/speech_bubble]
[speech_bubble type="ln" subtype="R2″ icon="2.jpg" name="パート/女性"] 未払いが原因でブラックに。ブラックでも借りれるところもあるから大丈夫よね? [/speech_bubble]
[speech_bubble type="ln" subtype="L2″ icon="1.jpg" name="公務員/男性"] 誰にもバレずに借りたいから、振込みキャッシングが良いんだけどな…。[/speech_bubble]
[speech_bubble type="ln" subtype="R2″ icon="2.jpg" name="会社員/女性"] 審査甘いと評判のところでも審査落ち?!他でも借りれないんじゃ…。[/speech_bubble]



[speech_bubble type="pink" subtype="L1″ icon="2.jpg" name="会社員/女性"] 無審査のところで借りれば良いんだ…!![/speech_bubble]

 

審査落ちしてしまうと自信をなくしてしまったり、不安になってしまったりしますよね。また、その審査落ちを2度3度と経験してしまうと、行きつくところは『無審査のところで借りるしかない!』という考えが思い浮かぶかもしれません。

その無審査で借りる方法というのが個人間融資ですね。

 

無審査で借りる方法:個人間融資

個人間融資は、消費者金融からお金を借りるのではなく 個人に借りるキャッシング方法 です。

不特定多数の人にお金を貸して利息をとるという行為は貸金業登録が必要となっていますが、そうではないと主張できる場合は特に問題もないということになっています。

本来は投資の目的を持つソーシャルレンディング(個人間融資)ですが、ここでの個人間融資はなんらかの理由で個人からお金を借りたいという人が利用するキャッシング方法の1つとして紹介しています。

 

個人間融資は、 インターネット上の掲示板サイトやtwitter、LINEなどSNSでも見つけることができます

掲示板サイトは多くはないですが、お金を借りたい人とお金を貸したい人が書き込みをすることができたり、書き込みした人に対してメールを送ってコンタクトをとることができます。

サイトによって様々ですが、お金を借りたい人の書き込みは10~50件ほどはあるのではないでしょうか。多いところでは10分単位で100件ほどにものぼる書き込みがあるところもあります。

しかし、それだけ個人間融資の利用者がいるとは思えず、サイト管理者などの自作自演の可能性を否定できません。書き込みの数が多ければ、「利用者も多いのだろう」「利用者が多ければ安心だ」と勘違いしてしまうこともあります。

そのように心理的誘導を促すための書き込みの可能性があるのです。

もちろんその実態は定かではありません。

なにせ、個人間融資掲示板サイトで お金を借りることができたのか、できなかったのかという口コミは検索してもほとんど見つけることができない からです。

調べれば調べるほど、 先振込み詐欺や闇金、バイトの斡旋だったなどの情報くらいしか上がっておらず、成功例がほとんどない のです。

そのためお金を借りたい人の書き込む内容も、

[speech_bubble type="std" subtype="L1″ icon="1.jpg" name="東京/男性"] 冷やかしや先振込みなしでお願いします! [/speech_bubble]

[speech_bubble type="std" subtype="L1″ icon="2.jpg" name="大阪/女性"] 先払いやサイト勧誘はご遠慮します! [/speech_bubble]

というような文言が必ずと言って良いほど書き込まれています。

 

それでも個人間融資を利用しようとしてしまう理由は、やはり通常のキャッシングが利用できずに審査落ちしたことにより、 無審査で借りられる方法を求めているから でしょう。

そうです。個人間融資はお金を貸す人も個人であるため、通常のキャッシングのときのような審査がありません。審査がないというより同じような信用情報に基づく審査をすることができないということです。

実は 個人間融資であっても、無審査ではありません

そのお金を貸す人が独自の基準で審査のようなものを設けているのです。

 

某個人間融資掲示板サイトより↓

このようにお金を貸す側の人が投稿する際に、相手の条件として無職・生活保護・派遣などの人は不可と提示しています。

個人間融資であっても、他のキャッシングと同様に安定した収入がなければ借りることができません。仕事先への在籍確認も匿名もしくは偽名などで行われるでしょう。このあたりは他のキャッシングを利用するのと大差ありません。

 個人間融資だからと言って誰でも借りることができるわけではない のです。

ですが、個人でお金を貸す人には信用情報の閲覧ができないことを利用して、他社からの借入れ残や滞納状況などは誤魔化せるかもしれませんね。消費者金融で審査落ちした理由がそういったことである場合の人には好都合でしょう。

そこで出てくるのが 先振込み です。

先振込みをさせることで返済能力があるのかなどを確認するために持ち掛けられます。

本来はそのような目的で先振込みをさせていたようですが、現在はただの詐欺の手段の1つとなっています。先に利息を支払わせるような方法を持ち掛けるところもあるようです。

そして例え先振込みで返済能力があると示すことができたとしても、本当に借りられるとは限りません。先振りこみをした途端に連絡はつかなくなるということもざらに起こり得ます。

 通常のキャッシングではありえないようなトラブルも個人間融資では当たり前 なのです。それが個人が個人から借りるメリットであるのかもしれませんが…。

情報管理においても同じようなことが言えます。通常のキャッシングを利用していれば、個人情報が漏れることはありません。しかし、個人間融資を利用した人は顔写真と共に個人情報もネットで晒されてしまうこともあります。

twitterなどのSNSでそれを発見することができましたが、免許証などの身分証明書と顔写真と共に、職場や家族の名前、セクシャルなことまで 個人情報が晒されていました 。このようなことをされるだけのことをした(例えば借りパクしたなど)からではあるのでしょうが、きちんとしたキャッシングを利用していれば、まずこのようなことにはなりません。

自分だけではなく、 身近な人たちにも迷惑をかけないためにも個人間融資を利用するのは考えた方が良い のではないでしょうか。

 

審査落ちが不安でも振込みキャッシングへ

審査落ちが続いたことが理由で、無審査でのキャッシングや個人間融資を利用しようとしているならば思いとどまって下さい。

審査が不安な方でもキャッシングできる独自審査の振込みキャッシングにはもう相談してみましたか?今まで審査落ちしてきた消費者金融とは違う視点で、あなたがキャッシングできるかを判断できるのは中小消費者金融のキャッシングだけ。

しかも振込みキャッシングなので時短にもなります。

審査に自信がない方や即振込みキャッシングを希望している方には本当におすすめのキャッシングです。無審査の個人間融資でも安定した収入がないと借りることはできません。しかし、安定した収入があるのならば、リスクや利息が高い無審査のキャッシングを利用しなくても安心のキャッシングに申込むことができます。

▲社会保険・共済保険加入者は断然優遇!

[speech_bubble type="rtail" subtype="L1″ icon="1.jpg" name="会社員/男性"] 個人間融資で借りれたとしても、超短期サイクルの月6割とかだよ![/speech_bubble]