ネット完結の簡単融資!個人間融資では簡単には借りれません

ネット完結の簡単融資!
個人間融資では簡単には借りれません

 

ブラックになると困ってしまうのが「審査落ち」ですね。

ブラックになってしまうだけで、審査落ちの確率がぐんと上がってしまいます。このブラック情報は共通情報として信用情報機関で管理されており、審査落ちした金融機関と同レベルのところでは間違いなく審査落ちの対象となり得ます。

それではブラックになると簡単融資は不可能なのでしょうか?

ブラックの人が簡単融資ができない理由とは

ブラックの人が簡単融資ができない大きな理由・・・

それはあなたが過去の融資状況から「信用力に欠ける」と判断されて融資審査に落ちてしまうからです。

 

この融資審査では信用情報機関で過去の金融事故情報などを確認することができます。

簡単融資を希望しているあなたが、遅延や延滞を繰り返したり、携帯端末料金の支払いをしていない等の悪条件がある場合にはブラックになっている可能性が高いでしょう。

 

お金を貸す」側からすると大事なのは簡単融資を希望しているあなたが「きちんと返済する意思があるのか」ということです。しかしこれはあなたが「もちろんあります!」と消費者金融に対して直接その意思を伝えることはできませんよね。

現在は全てデータ化、点数化されています。簡単融資をしたい過去の融資情報も点数化され、ブラックである場合マイナス要素として計算されます。

簡単融資をしたいあなたが、「きちんと返済する」「今はそれができる」と訴えたくても消費者金融側には伝わらないためその点数で審査落ちしてしまうわけです。

 

簡単融資をしたいあなたがブラックである場合にはとにかく不利となってしまうのです。

審査なしで簡単融資できるところを探す!

ブラックであるということで他の人よりも簡単融資が遠のいてしまったあなたが「他に方法はないのか」と考えるとき、思いつく1つの手段の中に【個人間融資】があるかもしれません。

なぜなら個人間融資は一般個人からお金を借りるものであり「審査なし」だからです。

個人間融資で簡単融資を提供してくれるのは信用情報で審査とすることができない一般人です。

ですから審査に不利な人、すでに審査落ちしたブラックの人は「審査なしの個人間融資で簡単融資をするしかない!」と考えるのはとても自然なことでしょう。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

個人間融資でも無審査簡単融資できるわけではない

個人間融資ではブラックであるために審査落ちで簡単融資ができないという人でも、融資ができる可能性があることは事実でしょう。

 

しかしそれは決して「審査なし」ではありません。審査もせずに見ず知らずのあなたになぜお金を貸すことができるのでしょうか?

消費者金融と同様の審査ができないだけであり、個人間融資であっても決して「審査なし」で簡単融資ができるわけではありません。

例え個人間融資であっても、得られるだけの情報を集めて判断されます。

例えば、給料明細。簡単融資をしたいというあなたがすでに申込みをして審査落ちしてしまったという消費者金融でも収入証明書は提出しなければならなかったでしょう。

そして職場への在籍確認。個人間融資でももちろんあります。消費者金融が金融を伏せて個人名で電話をかけてくるのと同じように個人間融資でもかかってくるでしょう。むしろ本当に一個人であるわけですから堂々と電話することができるでしょうね。

≪収入証明書の提出→安定した仕事をしていなければならない→在籍確認で嘘偽りがないか確認する≫は消費者金融と同じであり、これをクリアしなければ簡単融資はできません。

これは「審査なし」の簡単融資とは言えないでしょう。

 

これだけならまだしも、相手も個人であるがゆえに消費者金融では求められないようなことをしなければならないのが個人間融資です。

例えば、免許証のような顔写真付きの身分証明書と一緒に自分の姿を撮った写真を相手に送らなければなりません。信用情報機関で調査ができない分、簡単融資をしたあなたが必ず返済するように様々な方法で保険をかけるわけです。

そして、その審査・保険のために渡したあなたの個人情報・プライバシーが安全に管理されるとは言えないのが個人間融資です。

個人間融資で簡単融資をすることのリスクとは? 

ブラックであるがゆえに消費者金融で審査落ちしてしまい、簡単融資ができる個人間融資を利用しようと考えている人は多くいます。

個人間融資と言えども無職では借りれないし、決して無審査ではありません。信用情報機関のデータを見ることができないだけで、消費者金融ではできないような自由度の高い要求を受けることもあるでしょう。そしてそれは簡単融資をしたいあなたにとって大きなリスクになります。

 

個人情報の取り扱い

簡単融資を希望しているがどこからも借りれなかったあなたに残された簡単融資手段の1つとして個人間融資があります。

その個人間融資では消費者金融ではありえない独自の審査・保険・保証のようなものがあります。

例えば前述したような免許証などの身分証明書と一緒にセルカを撮って、「偽物の身分証明書ではありません」と証明できるように相手に送らなければなりません。

もしも本当にあなたが簡単融資に成功したとして、返せなかった場合にはどうなるでしょうか。個人間融資の利息は5割以上と言われています。返せない、という状況になってもおかしくありません。

あなたが「個人間融資だし逃げられるだろう」などと考えた場合には先に相手に渡してしまった個人情報などがSNSなどで瞬く間に拡散されてしまいます。もちろんそれはやってはいけないことですからそのアカウントは直ちに凍結されるでしょう。しかし、たかが10分程度ネット上に上がっていたとしてもその間に数千人の人が目にして、ある人はその画像を保存し、別のSNSなどにあげるかもしれません。またアカウントは凍結されてもすぐに別のアカウントを作成できます。それくらいはご存知ですよね?

軽い気持ちで個人間融資で簡単融資を期待するのはあまりにもリスクが高いと言えます。

 

だいたい詐欺だし、そもそも借りれない

返済するかどうかはまた別として個人間融資で「お金を借りる」ということができればブラックでも簡単融資ができる方法を求めていた目的は達成されるかもしれません。

しかしすでにあなたが審査落ちしたことがあるような消費者金融とは異なり、個人間融資ではまず「借りる」ということに多くの労力を使うことになります。

☑相手とのメールのやりとり

☑この情報を相手に提供して良いのかという葛藤

☑詐欺なのではと疑わなければならない心理戦

☑利息や返済期間の交渉

☑相手のご機嫌取り

☑やっと簡単融資!と思ったら先振込み要求

などを遂行しなければなりません。

個人間融資掲示板などに簡単融資を希望と書き込みをした場合、これを対1人とするわけではありません。他にも迷惑・詐欺メールや仕事の斡旋など多くのコンタクトがあります。捨てアドレスから何百通というメールが来る可能性もあります。その中から本当に簡単融資を期待できそうな人、本当に個人間融資をしてくれそうな人を見つけて、上記のようなやりとりをしなければなりません。

もはや何百通という迷惑メールが来てその中に1人でも簡単融資ができそうな人がいるならラッキーです。個人間融資掲示板に書き込みをしても全然反応が返ってこないサイトもあります。時間の無駄だったという結果が待っています。

 

簡単融資を求めて個人間融資を利用するには高いリスクに加えて、思ってた以上の時間と労力がかかるのです。

 

ブラックでも簡単融資のチャンスはまだある!

簡単融資を諦めなかったあなたにはまだ少なからずチャンスは残っています。

下記の、ブラックでも簡単融資ができる消費者金融にまだ相談していないというのであれば、評判の良いここですら審査落ちしてからの個人間融資の利用でも遅くはないのではないでしょうか。中小消費者金融ならではの独自審査のため、簡単融資希望ですでに審査落ちした消費者金融とは違う結果になるはずです。

個人間融資のようなリスク、面倒な審査とやりとりはありません。

ブラックでも来店不要、ネット申込みのネット完結で最速。これこそがあなたが求めている簡単融資なのではないでしょうか。

 

ブラックでも来店不要、ネット申込みのネット完結で簡単に。これこそがあなたが求めている簡単融資れなのではないでしょか

▼今すぐ簡単融資の相談するなら

▼最速キャッシングの案内を見るなら