個人間融資掲示板LINE・パトロン・レンタルキャッシュ・コンタクトを比較!

個人間融資LINE・レンタルキャッシュ・パトロン・コンタクトを比較!

 

当サイトでは個人間融資について調査して情報発信することが多いでしが、より多く検索されている順番としては、

1位 個人間融資LINE

2位 個人間融資レンタルキャッシュ

3位 個人間融資パトロンブラザーズバンク

4位 個人間融資コンタクト



になります。検索されている回数が多い順番というのは、「注目されている」「気になっている人が多い」順番ということになります。

なので個人間融資LINE・レンタルキャッシュ・パトロンブラザーズバンク・コンタクトについての情報をまとめたいと思います。

結論から言えば個人間融資掲示板の利用はおすすめしません。書き込みするNGです。なぜなら個人間と言いながらも個人同士で繋がることはできずに、知らないうちに隠れヤミ金業者へ申込みしていることになるからです。

 

個人間融資LINEの掲示板・運営・口コミ情報

個人間融資掲示板LINEのトップページ

個人間融資掲示板LINEのトップページ

名称 個人間融資掲示板LINE
サイト(URL) https://lend-money.xyz(閉鎖)
運営元 CASHLINE PROJECT
書き込みに
必要な項目
名前
性別
都道府県
年齢
仕事(正社員等)
保険種別
給与形態
提示身分証明(免許証等)
月収
希望金額(1万~10万以内で)

個人間融資LINEについてまとめ

閉鎖理由ははっきりと分かりませんが2019年~2020年には個人間融資LINEの掲示板サイトは閉鎖しています。

“LINE”という名称を使用しているのもあるかもしれませんが、個人間融資LINEは書き込みした人に直接メールをしたりすることができない仕組みになっていました。

「直接メールで連絡する」ボタンがあるが…メールはできず運営側に「申請」するページに移動

「直接メールで連絡する」を押してもメッセージを送ることはできませんでした。ボタンを押しても「直接メールするには運営に申請してください」という画面になりました。”直接メールしてみよう”とした人も個人情報を入力して運営側にフォームを送信しなければならないような作りになっていたのです。

つまり個人間融資LINEが情報を閲覧でき情報を抜き取って、自身で営業ができる状態でした。

個人間融資LINEが隠れヤミ金業者で間違いなければ、「今日中に貸してほしい」「助けてほしい」と書き込みをした人に、営業することが可能になります。そのため被害者が多く、明るみに出たのでサイト閉鎖になったのではないかと思われます。

どこからも借りれない誰にも頼れず、追い詰められていて冷静な判断がしにくくなっている人の場合、高額すぎる利息でも目の前に「1万円」があれば手を出してしまうことを隠れヤミ金業者も経験上よく分かっています。ターゲットが自動的に個人情報を添えて書き込みしてくれて、その内容を見て「こいつはいける」と思えば隠れヤミ金業者が個人的に連絡をして、個人間融資だと思わせて貸付をするという流れです。

結論:個人間融資LINEは、個人同士を仲介するのではなく運営している隠れヤミ金業者が営業のために情報抜きをしていた可能性が高いです。

 

個人間融資レンタルキャッシュの掲示板・運営・口コミ情報

個人間融資掲示板レンタルキャッシュのトップページ

 

名称 個人間融資掲示板レンタルキャッシュ
サイト(URL) https://rentalcash.xyz/
運営元 非公開
書き込みに
必要な項目
メールアドレス(公開される)
LINE
名前
年齢
性別
都道府県
仕事(業種や正社員か等)
融資希望額
月収
現在の借金総額
債務整理歴
提示身分証(免許証等)

個人間融資レンタルキャッシュについてまとめ

レンタルキャッシュは2014年から個人間融資掲示板サイトとして存在しています。

レンタルキャッシュは2020年に他に便乗して『給与買取』『給料ファクタリング』を同名で初めています。

給料ファクタリングと言えば、金融庁から”ヤミ金認定”を受けて一気に廃業するしかなくなった金融サービスです。

「給与債権の買取であって貸金じゃない」「貸金じゃないからブラックでもOK」「利息はなし」と良い言葉をたくさん使って、将来の給料を担保に貸金業登録なしに高金利の貸付を違法におこなっていた行為は、ヤミ金と同じと裁判でも認められました。つまり給与ファクタリング業者=ヤミ金業者というわけです。

結論:個人間融資レンタルキャッシュは、給料ファクタリングもやっていたことから考えても違法な貸金業者であり、個人同士を仲介するのではなく運営している業者が自身の営業のために情報抜きをしていた可能性が高いです。

 


審査なしで借りたい人必見!個人間融資じゃなくてもブラック即日融資で借りれるかも…

 

「審査なしの個人間融資でしか借りれないかも…」と不安な方はまずこちらにご相談下さい。

初回50万以下の少額専門・即日融資なので信用情報に自信がない人でも高確率で借入成功しています。当サイトが「2021年ブラック即日融資」でおすすめしている消費者金融です。

融資可能額 初回は50万円まで
年齢制限 20歳以上
スピード 最短10~30分でご連絡
借りすぎ・ブラック・お急ぎの方でもお気軽にご相談ください

 

個人間融資パトロンブラザーズバンクの掲示板・運営・口コミ情報

個人間融資掲示板パトロンブラザーズバンクのトップページ

名称 個人間融資掲示板パトロンブラザーズバンク
サイト(URL) https://p-b-bank.com/
運営元 非公開
書き込みに
必要な項目
名前
都道府県
メールアドレス
ラインID
希望金額
クレジットカード保有

個人間融資パトロンブラザーズバンクについてまとめ

一時強制?閉鎖させられている時期には「パトロンブラザーズエルス」というちょっと名前だけ違う掲示板サイトを立ち上げていましたが、定着せず、また懲りずいパトロンブラザーズバンクというサイトを復活させたことは個人間融資界隈では有名な話です。

パトロンブラザーズバンクでは書き込みをするための項目に「クレジットカード保有」が必須で追加されました。

クレジットカード保有が追加された理由は1つ。ショッピング枠を現金化させてお金をつくれるかどうかを知るためです。

例えばクレカのショッピング枠が50万円ある人が書き込みをすると「クレカで買い物すればその商品を買い取って現金化しますよ」と連絡がきます。隠れヤミ金業者が指定する商品(例えばカーナビやゲーム機など転売しやすい物であることが多い)をクレカで50万円分購入することになり、それを隠れヤミ金業者が30万円で買い取るという流れです。30万円の現金を手にすることができますが、クレカの請求50万が残るので20万円を損していることになります。50万円を一括で支払えるとは思えないのでそれを分割支払いにすれば、さらに利息も支払う必要があります。隠れヤミ金業者は50万円分の商品を30万円で購入したので20万円分の利益、さらに元値以上で転売できればさらに利益を得ることができるようになっています。

またヤミ金認定の給料ファクタリング(給料)のサイトを「個人融資より安全にお金を調達するなら、給料ファクタリングがおすすめです。ここをクリックしてチェックしてみてください。」と紹介している時点で、”ヤミ金より安全にお金を調達できない個人間融資掲示板である”と認めているも同然ではないでしょうか。

結論:個人間融資レンタルキャッシュは、書き込みするためにクレジットカードを保有しているを確認し、ショッピング枠の現金化を持ち掛けるなど組織的な隠れヤミ金業を行っている可能性が高いです。またヤミ金認定された給料ファクタリングを「個人融資より安全だ」とうたって誘導しているヤミ金以下のサイトということになります。

 

個人間融資コンタクトの掲示板・運営・口コミ情報

個人間融資掲示板コンタクトのトップページ

名称 個人間融資掲示板コンタクト
サイト(URL) https://contact-b.com
運営元 非公開
書き込みに
必要な項目
名前(フルネーム)
フリガナ
性別
生年月日
都道府県
携帯電話番号
メールアドレス
希望金額
勤務先
勤務先電話番号
勤続年数
給与月額
保険種類

個人間融資コンタクトについてまとめ

個人融資してしてくれる人の目に留まるように書き込みをするためのフォームが、完全に融資申込みの内容と同じである個人間融資コンタクト。自称は個人融資 貸し借りマッチングサイトです。

利用規約に「個人間融資コンタクトが直接的に仲介やご紹介を行う事はございません」としていますが、個人同士でのやりとりの中で確認すればいいはずの携帯電話番号・勤務先・勤務先電話番号を入力させる必要はないはずです。携帯電話番号・勤務先・勤務先電話番号を入力させる個人間融資掲示板サイトは他にありません。電話番号や職場情報が分かれば、個人間融資コンタクトが融資の営業ができるはずです。

個人間融資コンタクトでは個人同士でメッセージを送りたくても、必ず運営にフォーム送信するようになっている

また、個人間融資コンタクトでは”貸したい人”も投稿ができます。しかし、貸したい人の投稿を選んで連絡したくても、直接連絡することはできずコンタクトに個人情報を送信しなけばなりません。

運営自体が隠れヤミ金業者である可能性が高いようです。もしくはそのまま情報を流して利益を得る情報抜きの役割を果たしているのかもしれません。

結論:個人間融資コンタクトは「個人融資 貸し借りマッチングサイト」と言いながら、書き込みする人の電話番号や勤務先の情報まで抜き取ろうとしているサイトです。個人間でやりとりしていく中で知っていくべき情報をコンタクトが得ようとする目的は、運営側自体が隠れヤミ金業者もしくは情報抜き業者であるからではないでしょうか。

 

信用できそうな個人間融資がないことに気付いたら….

まだ今日中の借入も間に合うかもしれません。善は急げ!

借入&見積もり&返済計画ご提示後のキャンセルもちろんOK!「どれくらい借入できるのか」が気になる方もお気軽にご相談ください。